柳瀬公孝氏の経歴や共生バンクについて♪安土城ホテルの宿泊値段は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちは!きもやんです!

火曜日は、ぼくら美容師にとって1週間のスタート!

今週も多くのお客様のヘアスタイルをより綺麗にしていきたいと思います♪

 

さて、昨日の休みはネットでニュースを見ていたのですが一番びっくりしたのは『安土城ホテル』のニュース。

皆さまご存知でしょうか?

三重県伊勢市にある『安土桃山文化村』。

この中の実物大レプリカの安土城が、2017年4月にそのまま宿泊可能なホテルにリニューアルするというのです!

スポンサードリンク

 

 

『ふ~ん、お城がホテル‥‥、ま~珍しいかもね~』

くらいに思いましたか?

しかしホントにびっくりなのはその宿泊料金。

なんと1泊500万円!!!!

 

…ぼくの打ち間違いではないことを証明しますのでもう1回言います

1泊500万円!!!!!!

 

なんたる金額でしょうか‥‥

東京リッツカールトンホテルでさえ1泊200万円というのに‥‥

強気の値段設定とかそういうレベルじゃないです(笑)

『泊まれるもんなら泊まってみろよ!』

と言わんばかりの煽りさえ感じます。

とはいえ、リムジンなどの送迎付きなのでそのホスピタリティたるや値段相当のもの。

しかしぼくが気になったのはそのトップ。

『こんなサービスを開始するのほ1体どんな社長なんや‥‥?』

 

調べてみました!

 

その名も柳瀬公孝氏

この安土城ホテルを率いる城主‥‥もとい社長は、『共生バンク』を率いる柳瀬公孝氏です。

共生バンクとは、不動産関係の事業を幅広く手がける大企業

その新たな企画としてこの『安土城1泊500万』が立ち上がったのです。

やっぱり大企業の社長さんは考えるスケールが違いますね‥‥

ぼくなんてプラネット(近くのネカフェ)で1泊するだけで贅沢なのに‥‥!!

 

経歴

では柳瀬公孝氏の経歴を少しご紹介します。

昭和41年生まれの現在51歳。

実際のお写真で拝見するととてもお若い印象です。

今回の安土城ホテルの企画はすごく斬新だったので、てっきりどこかの新進気鋭なベンチャー系ビジネスマンかと思っていました。

しかし実際は、地盤も盤石なベテランビジネスマンでした。

やはり出来るビジネスパーソンとはご自身の身なりも整っておりますね。

過去の経歴として、そもそもは財産コンサルティング会社の専務取締役に就き、相続税関係のコンサルティング会社に勤めていたそうです。

さらにその後はあの京セラの稲森和夫会長を最高顧問に迎え、事業をより加速させていったそうです。

稲森さんが出てくるとさらにビジネススケールが増しますね(笑)

 

 

どんな人が泊まるの??

実際にはどんな方が安土城ホテルに宿泊するのでしょうか?

言うまでもなく今回の企画は富裕層狙い。

それも日本に限らず海外の富裕層を大きく見込みターゲットとしているようです。

最近は日本に観光に来てくれる海外旅行者が増えていますからね~。

特に京都などの日本の歴史を感じるスポットは大人気ですから、さすが鋭い着眼点です。

ちょうど1年後、安土城ホテルがオープンしたときの反響が気になりますね!

 

ぼくもたっぷり働いていつか泊まれるようになりたいです!!(笑)

ではまた~!!

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*