クロスバイク初心者女子にオススメ!オシャレなブランドと値段を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちは😊KE-KOです♪︎
女子のみなさん自転車を買う時に優先するのは機能性ですか?それとも見た目でしょうか?
アタシは...断然見た目です!
オシャレな自転車って沢山あるので正直迷いますよね。

今回独断と偏見のみで紹介しましたので参考にしてみて下さい

スポンサードリンク

GIOS(ジオス)

 

1948年イタリアのトリノ郊外で誕生。

50年以上の歴史を誇るロードレーサーの名門ブランド。
GIOSの特徴は鮮やかなアズーロ。イタリア語で「青」を意味する言葉です。

このブルーが美し過ぎるため、

ジオスが「GIOSブルー」と呼んでいるブランドカラー。
デザイン美にすぐれたモデルとしてかなり人気です♪︎

キレイな色だから、街でかなり目を引きますよね〜

MISTRL(2017モデル)

なんてキレイな色なんでしょう✨

フォルムもステキ✨

カラーバリエはジオスブルーを始め、

ホワイト/ブラック/パープル/グレーの計5色展開。

身長150cm〜対応してくれてるそうです!

価格:¥55,080(税込)

 

BIANCHI(ビアンキ)

 

現存する最古の自転車ブランドのビアンキ。

1885年に創始者のエルナルド・ビアンキが自転車製作を始め、そこで作っていた自転車が現在の自転車の原型となったらしい。

ビアンキ独特のエメラルドグリーンは、「チェレステ」と呼ばれ、これは、イタリア語で「青空」を意味しており、ビアンキのブランドイメージカラーです。

ROMA4(2017モデル)

チェレステカラー可愛いっ!!!

カラーバリエは

アンスラサイト/チェレステ/マットブラックチェレステ/マットブラックピンク/マットダークグレー/ホワイトの計6種類!

オシャレっ子間違い無いですよ✨

こちらも150cm〜対応可能みたいです♪︎

本体価格:¥75,600〜(税込)

*ショップによって金額違ったので正確なのが分かりませんでした...カスタムの関係かも知れません。

 

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

 

1993年にカナダのオリンピック代表選手であったルイ・ガノが、自転車向けのアパレルや用品を製作したのが始まり。

トライアスロンでは優秀な成績を残すほど!

カジュアルでオシャレなデザインが多く、街で見かけない日は無いくらい絶大な人気!

BTN(2017モデル)

ギャー!!!オシャレー✨

コレ、ワタシの本命ですwww

カラーバリエはこのマットチャコールとマットオリーブです♪︎

本体価格:¥74,520(税込)

 

 

デメリット

通勤や通学に買い物にもってこいのクロスバイクなんですが、1つ問題が...

そうスカート問題。

膝丈はギリ大丈夫ですけど、

膝上のスカートで乗ると若干ヤバいです。

上に上にと上がって来ますw

なので

見せパンorレギンス着用をオススメします。

 

以上オススメクロスバイク情報でした♪︎

 

アタシの現役クロスバイクは

ハンドルが壊れて使えません。。。

乗り換えよっかな〜

 

See you♪︎

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*