REINA(レイナ)バイリンガルの悩みを調査!解散の原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

YUKIです 😛

私、英会話を7年前から習っているのですが、

よく聴いてるPodcastが

「バイリンガルニュース」

なんですが、先日元お笑いコンビ『セクシーチョコレート』のREINAさんがゲスト出演していたので気になったので調査してみました。

スポンサードリンク

では見ていきましょう!

REINAさんのプロフィール

生年月日:1988年4月20日(28歳)

出身地:アメリカ合衆国ニュージャージー州オデラル

所属事務所:ワタナベエンターテインメント

他活動:ワンドロップス株式会社執行役員

 

REINAさんは混じりっけなしの日本人です。

今流行りのハーフタレントじゃ無いんですよ⭐︎

ワタナベコメディスクール入学前まで日本には

一度も住んだことがなかったらしく、

国籍はアメリカだそうです。アラビア語も堪能だそうです。

お父様は鳥取県出身

お母様は岐阜県出身。

 

おもしろい経歴

2010年にブラウン大学卒業。

グローバルセキュリティーを専攻。

大学卒業後にはビル・クリントンの事務所でインターンとして務め、

クリントン事務所での時期に、中央情報局(CIA)の内定ももらっていたが、

「CIAで働いていることを誰にも言えない」「家族にも話せない」

などの理由でCIAは辞退し、その後ハーバード大学院に進学。

インタポールでは主にソマリアの海賊の追跡を担当していた。

2013年、ハーバード大学院を卒業後、ロイター通信に入社し、

シンガポールに駐在してコンサルティング業務などの活動をしていた。

ロイター勤務の時に連邦捜査局(FBI)の最終試験にも合格していたが、これも辞退。

その後、まず日本に住んでみたいという目的で来日、

ジャーナリストになりたかったが、日本語が話せても読み書きが得意でなく、

日本人としての一般常識も無かったことからジャーナリストになるのは難しいと思っていた。

そんな時にワタナベエンターテインメントの広告を見て

「エンターテインメントを通して世界を変えたい」と思うようになり、

ホームページで見たワタナベエンターテインメントの養成学校を受け、

そこで教官に経歴を活かせるものとしてお笑いを勧められ、

ワタナベコメディスクール入学。

明石家さんまを好きな父の影響もあり、

大学院生時代は日本語を忘れないためもあって、

祖父母から送られて来た日本のお笑いのVTRを合間に見ていた。

これが日本のお笑いを知るきっかけともなった。

REINAのライバルは?

バイリンガルにおいてライバルはやっぱり

厚切りジェイソンだそうです。

外国国籍で日本に住んだことが

ほとんど無いバイリンガルなお笑い芸人さんの悩みとは。。

 

バイリンガルニュースで話していた時には、

 

REINAさんとジェイソンは日本語レベルは同じなのに

REINAさんは日本語の発音が日本人寄りなのに対し

ジェイソンは外個人的な発音で見た目なども相まって

面白さで負けてしまうとのことですよ!!

悔しいそうです 🙁

 

執行役員としての顔

REINAさんは

ワンドロップス株式会社で執行役員としての顔もお持ちです。

https://www.onedrops.jp/ja

凄いお方なんですね!!!!

やっぱりお笑いする方って頭がいいんですね 😀

 

 

相方が芸能界を

解散したばっかりということで(彼氏が原因?)

これからのタレントとしての活動も気になりますね!!!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*