ケンブリッジ飛鳥の筋肉が凄い!食生活とトレーニング方法を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちはKE-KOです♪

ケンブリッジ飛鳥選手が、夢の9秒98という記録をマーク!

日本選手での9秒代は桐生祥秀選手以来だそうです。

2020年東京オリンピックに向けて、どんな肉体改造をするのでしょうか?

普段の食事とトレーニングを調べてみました。

スポンサードリンク

ケンブリッジ飛鳥選手プロフィール

名前:ケンブリッジ飛鳥アントニオ(けんぶりっじあすかあんとにお)
生年月日: 1993年5月31日
年齢:23歳
国籍:日本
出身地:ジャマイカ
身長:180センチ
体重:76キロ
出身中学:江東区立深川第三中学校
出身高校:東京高等学校
出身大学:日本大学文理学部
所属:ドーム(2016年12月4日よりプロへ転向)

【経歴】

ジャマイカ人の父と日本人の母から産まれ、2歳までジャマイカで暮らし、その後大阪へ移住。

小学生時代はサッカー。

陸上は中学に入ってから始めた。

中学3年で全日中(全日本中学校選手権)に出場!

たった3年で出場するなんてwww

やっぱり素質があったんですね〜

高校では、日本選手権リレーの4×100mリレーの2走(エース区間)を任され、40秒02というタイムを出し高校記録を塗り替えたそうです!

因みに、リオオリンピックではアンカーを務め、37秒60というタイムで銀メダル

素晴らし〜✨

大学は、日本大学に進学。

大学2年で出場した東アジア大会の200mで優勝。

これがケンブリッジ 飛鳥選手の初の国際タイトル獲得です!!!

大学4年の関東学生陸上競技対校選手権大会(関東インカレ)では100m優勝。

ドーム就職後、東日本実業団陸上競技選手権で10秒10という自己ベストタイムを出す。

この大会でリオオリンピックの内定が決定!

素晴らし過ぎる✨

ケンブリッジ飛鳥選手の食事とトレーニング

ケンブリッジ選手が以前所属していたドームにこんな事業部がっ!

パフォーマンスディレクション事業

そこにあるDNSパワーカフェが食事面のサポートをしっかりしてくれていたんですね。

http://www.dnscafe.jp/

世界一パワーが入るカフェ✨

一般人でも気軽に入れるカフェらしいのでお近くの方は是非www

ケンブリッジ選手の食事の回数なんですが、タンパク質を効率的に摂取するため、食事は1日5回だそうです。

なるほど〜きちんと計算されているんですね。

 

トレーニングに関しては

DAHは、『世界で戦える強靭な身体を土台とした、トータルパッケージの機能的アスリート育成する』ために、「PHYSICAL(体力)」「RECOVERY(回復)」「NUTRITION(栄養)」「SKILL(スキル向上のための橋渡し)」を軸に、様々な部門のスペシャリストが密に連携し、選手一人ひとりに応じたサポートチームを結成。
多角的なアプローチにより、ワンストップでアスリートの問題を解決し、
最終的には、ただ単に競技に必要な要素だけでなく、スピード、アジリティ、フィジカル、柔軟性、安定性、スタミナ、ストレングス等の体力的要素に加え、競技に必要な機能を兼ね備えたトータルパッケージの機能的アスリートを育成する。

http://www.domeathletehouse.com/about/concept/index.html

16人のスペシャリストと2人のドクターがっ!!!

日々研究に研究を重ねていいパフォーマンスができるようにしてらっしゃるんですね。

もう無敵ですわ。

だって体脂肪率4%ですよ笑

でもそれだけ日本の期待を背負って頑張ってくれているって事ですよね!!!

 

まとめ

暖かくなって服も薄くなるので、ダイエットを考えている人もいるでしょうwww

しかしワタクシ達一般ピーポーは体の基礎ができてませんので無理は禁物。

プロアスリートのように鍛える事は出来ないにしても、日々の努力と積み重ねで少しでも体を健康的に絞って行きたいですよね♪

2020年の活躍が期待できますね!!!

See you♪

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*