桃鉄(ももてつ)プラモデルが気になる!ゲームの新作はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

みなさ〜ん!!

くしゃみしてますか〜??

晴れると光化学スモッグが凄いことになってますね!!

運転してる人とかは気をつけて欲しいです。。。。

私は風邪とダブルパンチで大変なことに… 😳

なにがなんだかわちゃわちゃ。笑

点鼻薬がマイメンです。

今日は私の大好きなゲーム桃太郎電鉄が

スポンサードリンク

立体的なプラモデルになったみたいなので

少し調べてみたいと思います⭐︎ 🙂 ⭐︎

まずは桃太郎電鉄をあまり知らない人にゲームをご紹介!!

桃太郎電鉄って何?

桃太郎電鉄シリーズ』(ももたろうでんてつシリーズ)は、鉄道会社の運営をモチーフにしたボードゲーム形式のコンピューター・テレビゲームシリーズであり『桃太郎伝説』の派生シリーズである。ハドソンの看板商品の一つであった。

第1作目はファミリーコンピューター用ソフトで、1988年12月2日にハドソン(現・コナミデジタルエンタテイメント)より発売。監督はさくまあきら、イラストは土居孝幸。音楽はサザンオールスターズの関口和之の他、一部の作品には宮路一昭や池毅も参加していた。

今ではスマホなどのアプリもあったりしますが、

やっぱりテレビゲームの方が面白かったですね!!

四人まで対戦できて、一人でもコンピューターモードにすれば

お一人でもプレイすることができます。

ハドソンの中でも23年の長寿シリーズでしたが、

ハドソンがコナミに引き継ぐことになった際、

コナミ側の社員とさくまあきら氏が揉め、

今の所新作は作らないということになってるようです。

ちなみに現段階では携帯版の『東海編』が最後です。

「(ハドソンには)10年間僕と一緒にゲームを作ってきた優秀な連中がいたから、ゲームを作ってこられた。だが、この4人のトップレギュラーのうち3人が新しい会社は息苦しいと言って辞めた」

書きながら桃鉄したくなってきました。

超立体桃鉄プラモデル

すごいです!!

こちらは2017年4月15日にアキバで行われた、

ゲームを題材とした模型展示会「16bitModels」の為にからぱたさんという方が作成したもの。

「3シリンダーの超複雑機構がメカメカしいところが魅力」

オオタキの「C53」形蒸気機関車だそうです。

コアなファンのこだわりと愛情を感じられる作品ですね!!

ぜひ近くで観てみたい。

♯16bitmodelsでインスタで検索すると他の作品も観れるみたいですよ!!

ぜひチェックしてみてくださ〜い⭐︎

関連記事はコチラ

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*