コルドバのパティオ祭り2017の開催日は?日本からの所要時間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちはきもやんです!

明日から美容師のお仕事がスタートです♪

今週も皆さまのご来店をスタッフ一同お待ちしております!

 

さて、今回ぼくが紹介するのは海外のオススメお祭り♪

その名もコルドバのパティオ祭り

皆さまご存知でしょうか?

とっても素敵なイベントなんです!

 

コルドバのパティオ祭りとは?

このお祭りは初開催が1918年という100年近くの歴史を誇る伝統的なお祭りです。

日本でもそうですが、5月といえばお花を愛でるには最適の季節ですよね。

コルドバではこのお祭りの季節になると家の中庭やバルコニー、格子窓などに鉢植の花や観葉植物で美しく飾られるのです。

スポンサードリンク

 

 

 

いかがですか?

とっても綺麗ですよね。

とくに海外ということもあり雰囲気も日本とはまた違うものがあります。

お花が好きな方はもちろん、海外の家や建築物・アートが好きな方にも楽しんでいただけそうです。

 

 

コルドバってどこの国?

コルドバとはヨーロッパのスペインの街です。

一般的には日本から飛行機の乗り継ぎで14~18時間程度かかるケースが多いです。

直通がないのが悩みですが、旅行パックでクイックに行けるものが出る可能性もあるので常にチェックしておきたいところ。

気候は年中を通して温暖とは言われますが、日本に比べると平均して高めの気温です。

夏ともなると40度近くにもなりますが、このパティオ祭りの開催は春なので 日本の初夏に近い感覚で臨んでよいでしょう。

 

 

では開催日はいつ?

2017年5月2日(火)~5月14日(日)の約2週間です。

お分かりの通り、このパティオ祭りの特徴の一つは『開催期間の長さ』でしょう。

2週間ということもあり、日本から向かう方も日程の調整がききやすいですね。

また天候が優れなかったとしても、日本の花火大会のように中止!ではなく

『それなら他の日にお祭りを見て、今日は別の場所を観光しようかな~』

という楽しみ方も出来るでしょう。

 

 

お祭りはどうやって楽しむの?

2週間の祭り期間中、このパティオ祭りで花に装飾された家々は一般公開されて、観光者は自由に見学できます 。

(毎日11:00~14:00、19:00~23:00 ただし金・土曜は24:00まで)。

そしてこの祭りはコンクールとしての一面もあり、この中から最も美しいパティオを持つ6軒には賞が贈られるんです

さらに夜には、街角でフラメンコグループが歌や踊りを披露。

多くの見物人で賑わいます。

 

 

見どころはどこ?

パティオの中でも

サン・アグスティン、サン・ロレンソ、サン・バシリオ地区、ユダヤ人街などには特にコルドバ独特の素晴らしいパティオ(中庭)が集中しています。

またビアナ宮という所にはバラエティに富んだ13の中庭があり、パティオ博物館とも呼ばれています。

 

いかがでしょうか?

一般の家をお花で装飾して観覧を楽しむなんて、海外らしくて楽しそうなお祭りですよね♪

ご興味のある方は是非行かれてみては!?

それではまた~~!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*