池田大亮はスケボーで東京五輪出場?彼女やwikiプロフを調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

どうも〜!!東京五輪が気になってしょうがないYUKIです〜⭐︎ 😛

今回スケボーです!

2017年4月23日に東京都足立区のムラサキパーク東京にて

初のスケボー日本選手権が行われました。

そちらで優勝した池田選手について調べていこうと思います⭐︎

スポンサードリンク

ではプロフィール見ていきましょう!!

池田大亮

池田大亮(いけだだいすけ)

生年月日:2000年8月4日(16歳)

出身地:東京

血液型:B型

好きな数字:1

学校でのアダ名:大亮。

得意な科目:体育。

スケートを始めたきっかけ:お父さんと始めた。

スケーターじゃなかったら:ただのバカ(笑)。

スケートで挫折したこと:撮影で撮れなかったこと。

影響を受けたスケーター:松尾(裕幸)さん。

生で会いたい人:トレバー・コールデン。

好きなビデオパート:Trevor Colden for Skate Mental

最近覚えたトリック:360フリップ to リップスライド。

今すぐ行きたい場所:LA。

狙っているスポンサー:Volcom。

オリンピックについて一言:早くスケートボード競技になれ!!

クレイジーだと思う出来事:去年アメリカで初日に板を下水道に入れてしまったこと。

Tampa Amの感想:日本とのレベルが違いすぎる。

獲得した賞金の使いみち:アメリカに行くための貯金。

自分の中の決めごと:毎日スケボーする。

10年後の自分に一言:頑張ってるか?

ライバル:自分。

スケートボードとは:人生。

目標:Tampa Amで決勝に出る。

 

高校生なのにすごいですね!! 😯

プロフィール見ただけでやる気が伝わってきます 🙂

いつから始めたの?

4歳のころにスケートボードをはじめ、ムラサキスポーツ川崎店やデッキカンパニーHIBRID、NIKE SBをスポンサー契約する若手ボーダー。
池田大亮は、2011年に開催されたAJSAプロツアー第2戦エレメントカップ、バーチカル決勝アマチュアクラスで1位に、2015年12月にマレーシアで開催された「FISE WORLD MALAYSIA」では見事優勝をおさめ、国内外で活躍している。
池田大亮の華麗なライディングがおさめられた動画では、まだあどけなさの残る表情と大人顔負けのハイスキルパフォーマンスをみることができる。軽い身のこなしで難易度の高いトリックを次々と決めいく。ボウルでは空中で一回転するなど、バーチカルからストリートまで幅広く乗りこなすオールラウンダーの非凡な才能を感じさせる。
2020年のビッグステージに立ち、世界を魅了する池田大亮の姿が今から待ち遠しい。

やっぱり親の影響って大きいんですね 😉

自分の子供にもいろいろと体験させたいですね〜 😀

どこで目が出るかわかりませんからね!! 🙂

男性は彼女ができたら彼女の影響とかも受けたりするのかな?

ではまたすごい選手見つけたらアップしますね〜 😆

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*