PS5のスペックは?容量やデザイン、新機能や通信速度を予測♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちはきもやんです!

ネット上で日本中のゲーマーたちがどよめいていたもので、何事か‥‥?と思いきや『ビッグニュース』が飛び込んできたようですね‥‥!

それこそが

『PS5が2018年に発売か!?』というもの。

あくまで『発売か!?』なので確定情報ではないものの、割と現実味のある話らしいんです。

スポンサードリンク

その理由として『発売ペース』

PSシリーズは、およそ6年置きに新作が出ているんです。

『??  …PS4が出たのは2014年だから、発売されるのが2018年ならまだ4年しか経ってないんじゃ‥‥?』

と思うかもしれませんが、PS4は海外では1年早く発売されていますので、2018年の末に発売されれば ほぼ6年スパンとなるんです。

色んなまとめサイトに『PS5スレッド』が乱立するには充分な推測があるんですね。

というわけで 一足先にPS5のスペックを、過去のデータや現在出ているハードと比較しつつ予測してみました

デザインや新機能は?

ビジュアルに関してPS1〜PS4までに大幅な変化は見られませんが、PS5に関してもそうとは言いきれません。

というのも、少し前のニンテンドースイッチ。

これはゲーム業界がざわついたデザインでした。

通常通り、テレビでハード本体からゲームを楽しむだけでなく、持ち運び出来るようなスタイルを採用しましたよね。

今までの据え置きは据え置き、ポータブルはポータブルという概念をひっくり返した訳です。

SONYがどれほどニンテンドーを意識しているかはわかりませんが笑

そういうユーザーのスタイルを重視するなら、今までに比べデザインも変化するかも知れません。

とはいえ、今までのPS2以降のシリーズに引き継がれているブラック』『フラットボックススタイル』は変わらずに継承するでしょう。

これはPSのブランドですからね!

PS4にあったドラゴンクエスト限定モデルとかメタルギアソリッド現在モデルのように、その時代にヒットしたゲームとのコラボはあるかも知れませんが!

通信速度や容量は?

最近のゲーム機特有のスペックですが、通信速度というのはかなり大事ですよね。

最近のゲームにはほぼ必須のオンラインスタイル。

となるとCPUと同等、もしくはそれ以上に重要になってくるのが通信速度。

つまりはWi-Fiなんですが、これに関しては改悪されることはないのでは?と思っています。

なぜならPS4だけでもこの通信速度に関しては1度アップグレードされているからですからね。

最新型のPS4に関しては 無線LANの規格”ac”を新たに採用し、5GHZの通信にも対応しているほどです。

現在でもWi-Fiや通信速度に関しては特にネガティブな意見は聞きませんので同レベルであったとしても不自由なくオンラインを楽しめるでしょう。

そして容量。

PS4の初期は500GBでしたが、proモデルは1TB(テラバイト)というあまり聞きなれないスケールに笑

PS5の初期モデルにこれほどの容量が搭載されるとは限りませんが、500GB以上であるのは間違いないでしょう。

後継機は出るの?

PS5の購入を考えている方からすると、もしかするとこれが一番ネックでしょう。

PS4は初期モデルから最新proモデルまで含めると全4モデルがあります。

そして最新のものへ移るにつれてスペックが上がるのはもちろんのこと、『価格は下がっていっている』んです。

スペックが上がって価格も上がるならともかく、待てば待つほどお得でハイレベルなもの』が手に入るとあらば初期は様子見する方も多くなるはず。

しかもPS4の初期モデルはバグや不具合がありアップグレードされたという経緯もあります。

となると考えちゃいますよね〜!

と言っても、最新のハードで最新のゲームを最速でプレイしたいのはゲーマーの性!

待ちきれない方もいらっしゃいますよね。

まだまだ情報が少ないですが、詳しいことが分かり次第報告いたします♪

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*