みんなのビットコインの安全性は?セキュリティーやメリットまとめ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちはきもやんです!

昨日もお伝えしたのですが、仮想通貨取引所「コインチェック」への騒動はまだ収まりきっていない様子ですね。

 

 

コインチェックで働いてる方なんかはてんやわんやでしょうし、ユーザーもソワソワしている方が多いはず。

昨日の記事でもこういったものを書きましたが…

「BTCBOXの危険性は?セキュリティとメリットやデメリット紹介♪」

コインチェックへの信頼が揺らいだ方が「他の国内の仮想通貨取引所ってどんなところがあるんだろう…」という感じで読んでいただいたようです。

スポンサードリンク

というわけで、今回はBTCBOXに続き 仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」について調べていきます♪

みんなのビットコイン の安全面は?

みんなのビットコインではウォレットを常時コールドストレージにて管理し、ハッカーによる攻撃を排除します。
透明性を確保するため、すべてのユーザーに固有のビットコインアドレスを付与し、そこにビットコインの残高を表示します。(公式ホームページより引用。)

 

「コールドストレージって何??」

という感じだと思うんですが、これは別名コールドウォレットとも呼ばれ「ユーザーのコインをオフラインで管理する」というシステムのことなんです。

BTCBOXでも同様の管理だったのですが、インターネットとは隔絶された所でコイン管理をすることで、予期せぬネットトラブルやハッキングに対応することが出来ます。

 

これは結構安心ですよね~。

さらに、最近は多くなってきましたが「普段利用されていないIPからアクセスがあった際にはメールにてお知らせ」という機能があります。
また出金の際は登録のメールアドレスを用いた2段階認証を採用しています。
他の仮想通貨取引所の中には1ステップでしか認証をしないところもあるので、これは重要なポイントです!

 

その他メリットは?

セキュリティ対策以外での、みんなのビットコインに関しするメリットとしては

 

■最大25倍のレバレッジ取引。

 

■日本円だけでなく、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、豪ドル(AUD)、香港ドル(HKD)、シンガポールドル(SGD)、チャイニーズエン(CNY)、フィリピンペソ(PHP)、インドルピー(INR)、インドネシアルピア(IDR)と多くの通貨に対応している。

■BTC/JPY取引の場合、取引手数料が0%。

 

という点でしょう。

 

仮想通貨取引所の中でも最近サービスがスタートした「みんなのビットコイン」。

是非参考にされてください♪

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*