5月13日に福岡で地震が起こるって本当?博多が危ない?前兆は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちは♪

恐ろしいニュースを発見してしまいました…!

 

Twitterでこういう予言系が出回るのは全然珍しくないんですが、今回は情報元がしっかりしている分 信憑性が増してしまいます。

スポンサードリンク

 

この情報元と言われるのが立命館大学・歴史都市防災研究所の高橋学教授

過去に大きな地震や災害を的中させてきた実績があり、2016年12月28日の茨城県北部地震(M6・3、最大震度6弱)、2017年2月19日の千葉県北東部地震(M5・4、最大震度4)などが記憶に新しいところ。

なんとかダムスとかよりもよっぽど当ててるんです…!!!

高橋教授曰く

「大隅半島沖の地震、桜島の噴火再開など、盛んに地震や火山の噴火が目立ち始めています。約50日前、福岡県博多近辺でM(マグニチュード)3~4の地震が頻発したのをご存じですか? 連休明け、特に5月13日前後に博多・北九州周辺で大規模地震が起きる可能性があります。」(Yahoo!ニュースより引用。)

「2005年3月にM7・0で最大震度6弱の福岡県西方沖地震が起きています。それまで地震がほとんどなかったため、地元の人たちは“九州にも大地震がくるのか”と驚きました。このとき地震を引き起こしたのが総延長約55kmの警固断層の北西部で、同じ断層の南東部はまだ動いていません。この静かな南東部がいよいよ近日中に動いて大地震を招くのではないかとみています。」(Yahoo!ニュースより引用。)

 

とのことです。

 

あわわわ… って感じですよね…!

博多が危ない?

13日に地震が起こる可能性があると言われているのが「九州北部」

さらに狭めると「博多」が危ないのではないか?と言われています。

というのも、今回地震の原因となり得る警固断層の南東部というのが博多を縦断しているからなんです。

 

どんな地震が起こるの?

万が一警固断層の南東部が動き大地震が起きた場合「内陸直下型地震」となる可能性が高いです。

内陸直下型とは、下からドーンと突き上げるタイプの揺れで揺れが1秒周期と短く地表の建物は倒壊しやすくなります。

さらに博多のように海が近く地盤が頑強でない地形で起きた場合、その影響はことさらです。

…なんか調べれば調べるほど怖くなってきました…笑

 


地震の前兆はないの?

高橋教授曰く、大地震発生の半日から3日前までにM2~4クラスの地震が起きるとのことです。

また13日を越えたからといって完全に安心は出来ず、あくまで13日「前後」に起きる可能性があるということなので、注意したいところ。

いや~怖い。怖い。

何事もなく去ればいいんですが…!

ちなみに今回の地震で万が一「津波」がおきたときの被害やエリアはこちらの記事でまとめています。

5月13日に福岡(博多)地震が起きたら津波は来る?被害想定と対策

最低限の対策はしておきましょう!!

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*