虹色のチョークの感想やあらすじは?評判やドラマ化の可能性も調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちはきもやんです!

今日はこの本が話題ですね!


スポンサードリンク

 

小松成美さん著の「虹色のチョーク」です。

 

なんとランキング1位!!

すごいですね。

あらすじは?

従業員の全体の7割が知的障害者というチョーク製造工場の話です。

ノンフィクションで、働くことの意味や生きがい・意味を実感させてくれる良書となっています。

また働くという枠を超え、生きるということや他人との関わり方に関しても考えさせられるストーリーです。

 

感想や評判は?

読んだ方たちは一様に感動し、感銘をうけています。

 

 

ドラマ化の可能性は?

最近はこういう話題作はドラマ化されるのが定石です。

この虹色のチョークもその可能性は十分にあるでしょう。

本をとって読むことの少ない方にも届いてほしいですね。

 

まだ見ていない方はぜひチェックされてください♪

 

最後までお読みいただきありがとうございます♪

それではまた!!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*