村治佳織の使用ギターのメーカーや価格を調査♪販売店はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちはきもやんです!

ぼくは毎週水曜日に「ナカイの窓」見てるんですが面白いですよね~!

アメトークの〇〇芸人みたいなくくりで、色んな業界の方が集まってトークするんです^^

6月14日に放送の「楽器を弾く人SP」では、色んな楽器を得意とする方々が集まります。


ぼくは楽器とか全くしたことないんですが笑

気になりますね~!

スポンサードリンク

その中でもぼくが注目するのはこの方!

「村治佳織さん」です♪

皆さまご存知でしょうか?

【プロフィール】

名前…村治 佳織(むらじ かおり)

生年月日…1978年4月14日

出身…東京都台東区

経歴…3歳頃から父・村治昇にギターの手ほどきを受け、日々厳しい特訓を受ける。その後、10歳からはクラシックギタリストの福田進一に師事。ギタリストの村治奏一は実弟。(Wikipediaより引用。)

3歳からギターって完全にサラブレッド感ですね…

話によると結構なスパルタな指導だったそうですが、弦とか届くんですかね??笑

しかしアスリートの方たちって大体3歳くらいからその道に没頭してますよね~。

それと同じく、ギターがもう体の一部というほどに訓練されているのでしょう。

使用ギターのメーカーは?

使用しているギターに関して公式ホームページなどを見ても記載はありません。

しかし村治さんの画像を見てみると…

全て同じものを使用されています。

この画像からリサーチしていくと、このギターの名称は

「ホセ・ルイス・ロマニリョス」

とのことです。

村治さん以外のギタリストではジュリアン・ブリームも使用しているようですね。

ネトストのような執念深さでここまでたどり着きました笑

ブロガーの情報収集力を甘くみてはいけません…!!

価格や販売店は?

実はこのギター、在庫を置いて常に店頭に置いてあるようなレベルのものじゃありません。

歴史も数十年昔からですし、何より驚くのはその価格。

なんと500万~800万とのことです…!!

このブログで

「村治さんの使っているギターは〇〇で、価格は〇万円!〇〇へ行けば購入できます♪」

みたいな流れで紹介しようとした僕が浅はかでした…笑

展示会が開かれるレベルの代物だそうです笑

しかし、どこに行っても購入出来ないのか?

というとそんなことはなく、イレギュラーで中古販売はしているようです。

もちろんその価格はすごいものでしょうけど…笑

ご興味のある方はこまめにギター店のサイトをチェックされてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた~~!!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*