大阪の空中通路はいつできる?安全性や事故例を調査してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

どうも〜!!

YUKIです 🙂

今日の福岡も30度を超えたようで車の名でもしっかり焼けました 🙄

天気いいから川がキラキラして

金八先生の曲が頭の中に流れてきました。

話は変わりますが、

大阪の梅田にすごい空中通路ができるみたいですね!

スポンサードリンク

どこにできるの?

家電量販のヨドバシカメラなどが入るヨドバシ梅田ビル

(大阪市北区)とJR大阪駅を2階部分で接続する通路

なにやら凄そうですね!!名前とかあるのでしょうか?

名前はあるの?

「ペデストリアンデッキ」(空中回廊)

というそうです。

おしゃれな名前ですね 😉

では”いつできるのか?”気になってきました。

いつできるの?

今月30日に完成するようです。

両施設の間を行き来するには地下を通るなどする必要があった。

空中回廊はさらに整備され、
秋にはヨドバシ梅田ビルの西側にある複合商業施設
グランフロント大阪との間も往来できるようになる。

ヨドバシカメラは、ヨドバシ梅田ビルの北隣で2019年秋の完成を目指して、
ホテルや小売店などが入った高層ビルを建てる。
歩き回って買い物などがしやすいよう、
周辺のビルなどとをつなぐ空中回廊の整備も進めている。

なにやら思ったより大ごとみたいですね 😀

近未来的!!!!是非完成したら行ってみたいですね 😎

事故例は?

1981年(昭和56年)7月17日、米国カンザス州カンザス市にある、
ホテル ハイアット リージェンシーの吊り下げ式の通路が、
建設 1 年後、約 2000 人が集まるダンスのイベント開催当日に崩壊した。

原因

天井から吊り下げ式の通路は柱を共有して
2F と 4F の通路を上下に吊り下げる初期設計案が構造技術企業の監査を通った後で、
柱に通路を取り付ける接続部の設計が変更。

最終設計案は監査をしないで施工された

設計変更により 4F 通路の接続部の荷重負担が2 倍となり、
最終設計案は建築基準を満たすものではなかった。
また、建築中にも監査されなかった。

逆に、建築作業及び素材の問題は認められなかった。

対策

初期設定案が監査を通るとその後変更があっても
そのまま建設が続行できる現状況を考え直すことが必要。

監査側の構造設計に携わる関連会社への監視、
建築中にも定期的に設計変更がないか等の管理強化が必要である。

アメリカでは30年前に空中通路が崩壊していますね!!

設計ミスだったみたいですのですが、大阪の空中通路はその辺大丈夫なのでしょうか?

安全性は?

大阪には『道路の上空に設ける通路の許可取扱要綱実施基準』

というものが存在するようなので、大丈夫みたいです 😀

まとめ

最近増えてる空中シリーズ。

私は今思い出しましたが、高所恐怖症です。

地上が落ち着く〜(笑)

ではまたお会いしましょう!!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*