放生会(ほうじょうや)2018年おはじきは復活する?購入方法を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんばんは〜 🙂 YUKIです 😀

レゲエが合う季節になってきましたね 😆

梅雨ってもう終わったのかな。。。(笑)

全然雨降らないけど。。

前回放生会(正式名称:ほうじょうえ)のおはじきの件に関して調査しましたが、

2018年は復活するでしょうか?

スポンサードリンク

ファンも多い為もっと調査してみました!!!

2017年はなぜ中止になったの?

 

放生会おはじきはここ数年人気が過熱し、

購入希望者が徹夜で並ぶなどトラブルが頻発。製作する白彫会も高齢化が進み、

生産対応が難しくなりつつあるため。

代わりに来年以降、年中手に入る別の縁起おはじきを置くことを検討、

過剰人気の背景だった希少性を薄めて生産負担も緩和する。

すごいですね!!

夜中から並ぶ人もいるみたいですしそうとうなご利益があるのでしょうか。。。?

そもそも放生会おはじきって何?

 

放生会おはじきは「厄をはじく」とされる縁起物。

昭和初期に途絶えたが、1980年に復活。

最近は1箱25個入り3千円で祭り初日に1200箱が売り出されていた。

人形師が手作りした丁寧な仕上がりと「和食」「九州旅めぐり」など

毎年テーマを変える「レア感」が評判で、即日完売していた。

厄年の方としては是非ゲットしたいですね 🙄

放生会限定おはじきどこで買える?

白彫会には人形師が1人で2千個以上のおはじきを作らなければならない現状に

「本来の人形作りができない」との声があった。

会員の高齢化が進む中「10年後も今のように作るのは無理」との指摘も出ていた。

今年2月、神社側が販売スタイルの転換を白彫会に文書で提案。

代替品のあり方などについて協議を重ねた結果、

今秋から「放生会限定」販売をやめることで合意し、

「通年販売のおはじき」という形で再スタートする方向が固まったという。

 

もう通年のおはじきしか購入できないようですね。。

でも気持ちの問題ですから、

大事に飾れば私は限定でなくてもいいかと思いますよ 😉

まとめ

これからも伝統のあるお人形やおはじき、作って欲しいものです。

応援する気持ちも込めて、通年販売のおはじきを買おうと思いました 🙂

ではまたお会いしましょう 😎

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*