手元供養用マイ骨壷の購入方法は?メリットや価格を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちは〜!!!YUKIです 🙂

福岡は今日も晴天!水曜から梅雨再開みたいですが…(TT)まあ恵みの雨なのでね、しばらくの我慢ですな!

今日はヤフーで今盛り上がっているマイ骨壷に関して調査してみました!

スポンサードリンク

そもそもマイ骨壷とは?

マイ骨壷について

手元供養は、本来墓地や寺院などで管理する遺骨・遺灰を、自宅で管理するという方法のことで、自宅供養とも呼ばれます。

最近は自分用に買われたり、お子さんからプレゼントされる事もあるそうです。

手元供養の方法

・遺骨や遺灰のすべてを自宅で保管する
・墓地や寺院へ納骨したうえで一部分だけ自宅で保管する

手元供養はこの2つの種類みたいです。

墓離れが進んでいる昨今、

主流になるかもしれませんね!! 😉

メリットは?

常に故人のことを感じることができる
遺骨や遺灰を自宅で保管していると、常に故人をそばに感じることができます。
手元供養された方の中には「年中、暗い納骨堂ではかわいそう」といった意見も見られ、宗教の信仰心以上に、これまでの関係性を大事にされる方にとって大きなメリットとなるでしょう。

遠方へ出向くことなく供養ができる
墓や寺院などに納骨している場合、故人の供養のためにはその場所に出向く必要があります。
仕事の都合で引越したり、足を悪くするなどして体調が優れない場合などに、出向くことが難しくなることもあります。
距離や時間を気にすることなく、供養ができることは長い目で見て際にメリットとなるでしょう。

大幅に費用を抑えることができる
新しく墓を建てる必要がある場合、最低でも100万円程度の出費が必要とあります。

価格帯は?

ペンダント型のものや小さいものなら2万円からあるみたいですね!

その他、こだわりの形や陶器になりますと100万円くらいまでするものもあるみたいです!

まとめ

私も今度親の為に素敵な骨壷をプレゼントしてみようかな!!

やっぱり本人の意思を聞いておきたいしなぁ〜(^_^)

良い機会かもしれませんね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*