吉崎莉菜のスマホケースの販売店舗や値段を調査!通販や評価は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちは!きもやんです!

吉崎莉菜】さんという若干「13歳」の少女が描く絵が

国内外で絶賛されていると話題になっているようです!

そこで今回は彼女の描く「アクリル絵」や
作製された「スマホケース」などに注目してみたいと思います☆

スポンサードリンク

ボクはスタイリストというお仕事をさせていただいて
お客様の思うスタイルを再現するお手伝いをさせてもらってます。

そんな仕事ですので少しばかり
アートや美術に関心があるんですが
ひとりで美術館にいったり、映画館にいったりするのは
ちょっと気恥ずかしい感じです(笑

特に絵画なんて、自分で絵を描くこともないし、
そんなステキな絵が描ける才能もないので
正直、「理解」できるかどうかと言われると謎なんですが

彼女のようにひとつの才能で
国内外から評価される人が正直羨ましい限りです。

福井県鯖江市の吉崎莉菜さん(13)が動物を題材に描いた幻想的なアクリル画が、
障がい者アート協会(埼玉県)運営の投稿サイトを通して国内外から反響を呼んでいる。
都内の通販サイト業者が商品化したスマートフォン(スマホ)ケースのデザインにも採用され、
自信を深めた現在は初の個展開催を目指し創作に励んでいる。

素晴らしい才能はやっぱりみんなから
支持されるんでしょうね~。

というわけでさっそく彼女のプロフィールをチェックしてみました!

【吉崎莉菜のプロフィールは?】

名前:吉崎莉菜

年齢:13歳

出身:福井県鯖江市出身

受賞暦:きらりアート展 大賞

吉崎さんは2015年に「発達障害」があることがわかり
それから母親の幸子さんのススメで自宅のミニアトリエで
絵を描くことをはじめたようです。

2016年には障害者の創作活動などを支援する絵画投稿サイト
アートの輪」に描いた絵を投稿したところ、
国内外から称賛のコメントが寄せられたそうです。

一般的に「発達障害」といわれるとマイナスなイメージがありそうですが
実は発達障害(の可能性がある)天才たちって意外と多いんです!

例えば…

・レオナルド・ダヴィンチ
・アルベルト・アインシュタイン
・リンカーン大統領
・エジソン

などなど。

みなさんもよく知っている「坂本竜馬」もそのひとりと言われています。

また【サヴァン症候群】という障害があるのですが
彼女もそのひとりなんでしょうね。

サヴァンとは、フランス語で“賢人”という意味です。
知的障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、
優れた能力を発揮する者の症状を指す。
自閉患者の中にはある特定の分野において
類稀なる才能を発揮する方がいます。
それがサヴァン症候群です。

【スマホケースの販売店や値段は?】

ニュースではこう紹介されていました。

今年3月、もの作りに取り組む障害者を支援している通販サイト業者
BTOK」(東京)から商品化の話が持ち掛けられた。
投稿したオオカミの絵などがスマホケースのデザインに採用され、
既にサイト内で販売されている。

ボクもBTOKのサイトにいってみてきました!
そして噂のスマホケースがこちらです。

こちらは【森の中の鹿】というタイトルがつけられた
アイフォン用のケースです。

そのほかにも現在、販売されているのは
【マトリョーシカ】【星空の下で】【雨上がり】といったタイトルのスマホケースでした。

残念ながらニュースにあったオオカミの絵のスマホケースは
確認できませんでしたが、今売りに出しているケースも
素晴らしいデザインだと思います!

お値段は3600円~となっているので
デザインしだいではお値段が上下するということなんでしょうね。

基本的にBTOKは通販サイトなので
情報を登録しさえすれば購入することができます。

また売れたうちの何パーセントかは
障碍者のための支援に使われるそうです。

残念ながら、このサイト以外の販売しているところを
調査してみましたが出てきませんでした。

確かに販売店舗を多くすれば
みなさんの手元にきやすくなるんでしょうが
それだとダメなんでしょうね。

ボクもスタイリストですのでやっぱりクオリティというか
そういうものを気にします。

当たり前なんでしょうけど、こういう大量生産の時代に
ひとつひとつ丁寧に仕上げられたものを手にするというのは
とてもいいことだと思いますね~。

【まとめ】

国内外からも評価され、
今後、【絵画個展】も開くことが予定されている吉崎さん。

これからの活躍も気になるところですね!

みなさんも是非、サイトにいって
彼女の描いた絵がのるスマホケースをチェックしてみてはいかがでしょうか?

それでは、このあたりで失礼します♪

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*