CASH(アプリ)の安全性と口コミを調査!レビューや危険性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちはきもやんです!

今このサービスが話題ですね~

スポンサードリンク

「CASH(キャッシュ)」です!

これ、カテゴリーとしてはアイテム買取アプリになります。

「メルカリの二番煎じか~?」

とか思ってる方!とんでもないです!笑

このサービス、体験した人や内容を知った人が

「こんな狂ったサービスはじめてかも笑」

と口々にこぼすくらいです…!

いや、いい意味で狂ってるんですよ?

革新的と言い換えてもらってもよいかと!

今回はこのCASHについて調べてみました♪

CASHってどんなサービス?

簡単に言うと

「目の前の不用品を写メで撮って送るだけで、

その日のうちに現金が振り込まれるサービス」です。

何を言ってるか分からないと思うんですが、ぼくもよく分かりません笑

いわゆるポルナレフ状態なわけです。

しかし話題騒然なのには「何か」理由があるはず…!

もっと掘り下げてみましょう!

流れとしては

① 不用品の写メを撮り、アプリへ送る。

②午後3時までの取引であれば当日に口座振り込みが完了。

③2週間以内に「写メの商品を郵送する」or「振り込まれた金額+手数料」を返金する。

というものです。

少しずつポルナレフ状態が解けてきました。

本質的には質屋のビジネスモデルを今風にアップデートした感じでしょうか。

この流れを見ても、革新的すぎて疑問点が追いつきません笑

そもそも審査がないのがすごいですよね。

いわゆる、現物を見ない「ノールック融資」

最大2万円までの金額が振り込まれるというからびっくりです…!

安全なの?危険性は?

でも多くの方が思うのが

「これ不正できるじゃん!!」

というもの。

これ、サービス発案者の光本勇介さんももちろん把握してるんですが、

そういった行為は可能なんです。

「この人とんでもない性善説の持ち主かも知れん……」

と思いましたが、どうやらちゃんとお考えがあるようでした笑

というのも、「不正が割に合わない」って感覚なんですよね~。

すごい言葉なんですが、ホントにそう。

そもそも「CASH」は電話番号を登録するサービス。

もし現金振り込み後の2週間に商品を送らない・返金をしない という行為があった場合、CASH側からその電話番号はブラックリストに登録されます。

となると未来永劫 このサービスは使えなくなるわけです。

格安SIMなんかで何個も電話をゲットして電話番号を何個も持とうとしてもクレジットカードや身分証明書が必要です。

何より最大2万円のためにそこまでするのがリスキーなんですね~。

光本さんによると、そういった貧困ビジネスを手がける人たちは別の方法に流れていくんだそう。

確かそうかも…!

総じてみるとユーザー側にはほとんどノーダメージなので安全ということです!

唯一懸念材料としては、商品を送り忘れちゃったりしてブラックリストに登録されてしまうことくらいでしょう。

気をつけてください!笑

口コミやレビューはどんな感じ?

こういう真新しいサービスに飛び込んでいける人たちってすごいですよね!

ぼくは2波目くらいに乗りたいタイプなので尊敬します笑

どうやら見てみると…

実際に現金が振り込まれた方がいらっしゃるようです。

先ほども触れたように、このサービスって仕組みとしてはユーザーにはリスクは少ないです♪

どちらかというとCASH側が何か予期せぬトラブルが起きないか危険を抱えてるくらいです。

この光本さんさんご自身は資金力もかなり豊富らしく、初期の体力は充分あるのだそう。

万が一ポンポンお金が無くなっても持ちこたえられえるんです!

いや~うらやましい笑

とはいえまだこのサービスが稼働しはじめてまだ間もないですからね。

「使ってみようかな~」

とお考えの方は今後のトラブルがないかチェックしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます♪

それではまた!

※【関連記事】

CASH(アプリ)の再開はいつ?停止理由や返金や返品状況をチェック!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*