VALUの安全性と失敗例を調査!感想や評価は?利用法をリサーチ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちはきもやんです!

最近話題なこのサービス…

皆さまご存知でしょうか??

「VALU(バリュー)」 です♪

スポンサードリンク

 

 

Twitterなんかを巡ってると、

もう見ない日はないくらいユーザーが増えてますね!

ベータ版のサービス開始が2017年5月31日なので、

利用可能になって1か月以上経ちました。

 

 

(@_@) {なんやバリュー??知らんでそんなサービス!

またCASHみたいな画期的サービスなんか??)

 

 

画期的は画期的なんですが、CASHとはまた別物!

あれはフリマアプリでしたよね?

CASH(アプリ)の安全性と口コミを調査!
レビューや危険性は?

このVALUは

「自分の株を発行・トレード出来るサービス」

なんです♪

 

(@_@){ ふぁっ!??

自分の株??株式会社のあの株かいな??)

 

そうなんです。

本来法人でしか扱えていなかった株が、

個人レベルで利用できるようになる革命的なサービスです!

 

 

株とはいっても、実際は今流行りの

ビットコイン

を使ってのやりとりになる仕組みです♪

 

(@_@) {なんや小難しいな??

ワイのような情弱には使いこなせんで?)

 

先ほどのCASHにしてもそうですが、最近はこういう

仕組みベースで差別化を図るようなスゴイサービスが

どんどん出てきています。

情弱なんて言ってられませんよ!!ww

 

というわけで、今回はこのVALUについてリサーチ♪

そもそもVALUって?

 

 

VALUの根本的な発想は

「成し遂げたい何かを持つ人は気軽に支援者を探すことができ

支援者は原石に投資できる。

成長すれば応分の見返りを得られる新しいフィンテックサービス」

というものです。

とりあえずヤバいサービスではないことは分かりましたww

ざっくりとVALUの仕組みを伝えると…

■ 不特定多数の支援者から
自分のVA(株にあたるもの)を購入してもらう。

■ 自分の価値が上がれば、見返りとして支援者に
利益が与えられる。

■ 支援者には優待券やイベント参加権が与えられる。

 

というさながら株式会社のシステムと同じもの。

 

 

一番違うことといったら

直接的な金銭のやりとりでなくVA。

つまりビットコインで行う点でしょうね。

 

(@_@){ それは分かったんやけど、

「個人の価値」って何で決まるんや?)

 

ここが最も大事なポイントかもしれません。

会社でなく個人でやってますからね。

ここでの「価値」とは何なのか?

 

 

実はこれ

「ネット上の影響力」なんです。

 

 

もっと分かりやすく言うと

 

 

「SNSのフォロワー数」

基本的にこれが信用の指針になります。

 

 

この数を軸に

「この人を支援してみようかな!

こんな影響力ある人なら見返りも

ゲットしやすいかも!!」

と考えるんです。

 

 

現にすでに今VALUで大きな利益を得ているのは

堀江貴文さん、イケダハヤトさん、はあちゅうさん

といったインフルエンサー。

なんとなく仕組みが分かってきました??

 

 

VALUは安全?

 

 

こういう新しいサービスって

始めるのにかなり勇気いりますよね?

 

 

「なんか危険なんじゃないかな?」

「損したらどうしよう…?」

みたいな感じです。

 

 

ぼくもそういうの考えちゃう方なんですが、

ビジネス界では「先駆者メリット」なんて言葉もあります。

世の中でブームになるサービスで、一番メリットを享受できるのは

他でもない一番最初にやり始めた人

という意味です。

 

 

未開拓の分野に飛び込むビジネスマンを

「ファーストペンギン」なんて呼んだりもしますよね♪

ともかく、こういう新しいサービスは早めに取り掛かるのが吉!

ということです♪

 

 

そしてこのVALUに関して安全か?と問われると

なかなかグレーである

という答えになりそうです。

 

 

色々と問題点を調べてみました。

 

 

■ そもそも買い手がつく?

堀江さんやイケハヤさんたちのような有名人ならともかく

ぼくら一般人に価値を感じてくれる支援者が

どれだけいるのか?ww

(@_@){下手すると

ここでつまずきそうやんけ )

 

■ VALUがなくなったら?

VALUのサービスは

VALU単体で行われているサービス。

万が一サービス停止や倒産なんてなったら、

買ったVAが無価値になってしまいます。

ここがリアルな株式会社と違う点ですね。

 

 

■ 当然 損をする可能性はある

誰かのVAを買ったはいいものの、

その人の価値が下がりレートが落ちれば

安い金額でVAを売ることになります。

実質的な損ですが、ここは株式と同じですよね。

 

 

■ 発行者が退会の危険がある

これも結構怖いんです。

VALUでは、発行者であっても自由に退会できます。

しかも退会後3ヶ月経つと

その人が発行したVAは無価値になります。

なので、発行者が

「もうVALU飽きたから退会したろ!ポチっ!」

というのもまかり通るわけです。

(@_@){公然的な夜逃げみたいやな)

といってもそんなことしたらネット上の信用は

完全に失墜しちゃうので現実的には少ないでしょう。

でも可能性はゼロじゃないんですよ~

 

 

失敗例なんかも調べてみましたが、

まだそういった声はありませんでした。

しかしもし出てくるとすれば上記のようなトラブルに行きつくのでは…?

と感じます。

 

 

感想や評価は?

 

 

ここでユーザーの反応を♪

 

ほとんど「支援者」の意見になるんですが、

まだシステム的な心許なさが指摘されています。

 

 

でもほんと

「影響力のある人がより影響力を増す」

ようなもので、一般の方がどれだけ恩恵を受けられるのかが

ネックですね!

 

 

支援者が見返りとしてゲットできたビットコインも

まだ公表されていません。

 

 

まさに「これから」

に期待できるサービスでしょう。

利用法は?

 

ぼくが思うに

「発行者」として利用するか

「支援者」として利用するか

もしくはその両方か?

というところがキーかと思います。

 

 

発行者として利益を得るならまずは「影響力」

高めないことには話になりませんからねww

 

 

現実的には

「支援者」としてのユーザーがほとんどでしょうから

いかに利益をもたらしてくれるか?

を見極めることに尽きます。

 

 

ネット上のインフルエンサーはほとんどの場合

ブログなりHPなりを運営しています。

 

 

そこのチェックをして、アンテナを張りめぐらせて

おきましょう♪

 

まだまだグレーな部分の多い「VALU」

しかし早めに取り掛かった方にメリットがあるのも事実。

安全性を見極めて利用していくのが良いでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます♪

それではまた!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*