ポリフェノールが取れるレシピは?効果的な食品や野菜、飲み物を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんばんは〜!YUKIです 🙂

今日も暑いですね〜!

ちょっとでも外に出ると汗が吹き出ますね 😯

今回は『主治医が見つかる診療所』

という番組にて取り上げられた

ポリフェノールの効果的な摂取方法や

飲み物や野菜、サプリに関して調査してみました 😮

スポンサードリンク

ポリフェノールとは?

ポリフェノール(polyphenol)は、

たくさんの(ポリ)フェノールという意味で、

分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基

(ベンゼン環、ナフタレン環などの

芳香環に結合したヒドロキシ基)

を持つ植物成分の総称。

ほとんどの植物に含有され、

その数は5,000種以上に及ぶ。

光合成によってできる植物の

色素や苦味の成分であり、

植物細胞の生成、

活性化などを助ける働きを持つ。

なるほど!

ブドウにしか含まれていないと思い込んでました 🙄

ブドウは摂取がしやすい、

含有率が高いということでしょうか?

昔、みんなこぞって赤ワインを飲んでましたよね 😳

もともと香料や食品の着色料としてや、

化粧品などに使われていたそうです。

 

どんな効果があるの?

植物は厳しい環境のなかや、強い紫外線など、

さまざまなダメージにさらされていますよね。

しかし、果物や野菜たちを

そんなトラブルから身を守り、

若い細胞をつくりだす働き

助けているのがポリフェノールです。

ポリフェノールの最大の効果といえば

抗酸化力です!!

日常生活において、紫外線を浴びるなど外的要因や

ストレスが続くと体に活性酸素というものがつくられます。

活性酸素には酸化力と殺菌力があるものですが、

体にたまってしまうと健康で必要な細胞を傷つけてしまい、

深刻な病気や老化の原因になるといわれています。

ポリフェノールは

活性酸素を体から取り除いてくれる

働きがあるそうです!!!

高い抗酸化力だけでなく、

ポリフェノールは多くの食品に含まれているので

毎日摂取しやすいというメリットがあります。

なんて素晴らしいんでしょうか!

活性酸素が取り除かれれば

抗加齢化にもなりそうです!!!

アンチエイジングですね!!!!!!

 

どんな食品、飲み物があるの?

たくさんありますので、

見やすく整理してみました!

《代表的なポリフェノール》

フラボノイド

⚫️カテキン

ワイン、茶、リンゴ、ブルーベリーに多く含まれる。

殺菌作用を始め、血中コレステロールを低下させたり、

高血圧を予防したりといった効果がある。

⚫️アントシアニン

ブドウの実皮やムラサキイモ、ブルーベリー、

などの赤紫色をした植物体に多く含まれている色素成分。

肝機能の向上を助け、疲れ目の解消などにも効果的といわれる。

⚫️タンニン

茶、赤ワイン、柿、バナナなどに含まれる渋味成分。

カテキン同様、殺菌効果がある。

⚫️ルチン

ビタミンPの一種で、ソバに含まれる。

⚫️イソフラボン

大豆や大豆加工商品(豆腐、納豆など)、

葛、葛粉などに含まれる。

エストロゲンと同様の働きをするため、

アンチエイジングなどの視点から着目されている。

フェノール酸

⚫️クロロゲン酸

コーヒーに多く含まれる。消化器、

代謝性疾患を改善する作用がある。

⚫️エラグ酸

イチゴなどに含まれるポリフェノール。

美白効果があり、化粧品に多用されている。

⚫️リグナン

ゴマに多く含まれる。セサミンもこの一種。

⚫️クルクミン

ウコンに多く含まれる。

⚫️クマリン

サクラの葉、シナモン、パセリ、モモ、

柑橘類に多く含まれる。甘い香りのもと。

軽油識別剤として、灯油およびA重油に添加される。

さらに見やすくしたのがこちら!

◎アントシアニン(赤ワイン) → 肝機能、心臓病、認知症予防
◎ルチン(そば)       → 血管強化、動脈硬化、高血圧予防
◎カカオマス(ココアなど)  → 疲労回復、ストレス、ピロリ菌除去
◎カテキン(緑茶)      → コレステロールの減少、血糖値の正常化
◎ウーロン茶重合ポリフェノール→ 脂肪の吸収を抑制、メタボ解消
◎コーヒークロロゲン酸    → 脂肪燃焼、代謝、抗ガン作用
◎イソフラボン(大豆)    → 女性ホルモンのバランスを調整、美白

私の大好きなコーヒーにまで入ってました  😛

しかも消化器系に効果的なんですね!

私胃が弱いから丁度良い(笑)

メタボにも効くんですね〜 🙄

世の奥様方!毎日納豆を

食事に加えてみてはどうでしょうか?!

 

効果的なレシピは?

やはり熱を加えない調理法が

一番体内に取り入れやすいようですが

一つご紹介します!

玉ねぎたっぷりチキンカレー!

材料(4人分)

・鶏もも肉…300g
・塩…小さじ1/2
・胡椒…少々
・白ワイン…大さじ1
・小麦粉…少々
・玉ねぎ…3個(約750g)
・トマト…1個(約150g)
・水…600cc
・ニンニク…1片
・しょうが…10g
・サラダ油…大さじ1
・カレールウ…4皿分
・雑穀入りごはん…適量

①玉ねぎは5mm幅にスライス、トマトは乱切り、

にんにくはうすくスライス、生姜はすりおろします。

鶏もも肉は一口大に切り、

塩・胡椒、白ワインをもみ込んでおきます。

②鍋にサラダ油大さじを熱し、

玉ねぎ、にんにく、しょうが、塩少々(分量外)

を入れて強めの中火で焼き付けるように炒めます。
ほんのり色づいたら1/3量を取り出し、

水300ccとともにミキサーにかけます。

③ペースト状にした玉ねぎを鍋に戻して、

残りの水、トマトも加えて中火で煮ます。

④その間に、[1]の鶏肉に小麦粉を薄くまぶして、

サラダ油大さじ1/2を熱したフライパンで焼きます。
鶏肉の表面にこんがり焼き色がついたら、

鍋に加えて15分ほど煮ます。

⑤一度火を止めてルウを加え、よく溶かします。

(ルウは包丁で刻んでおくと、

さっと溶けるのでおすすめです)
再び火にかけて塩こしょうで

味を整えて、出来上がり。

玉ねぎは血液もサラサラにしてくれる作用もありますから、

個人的にお勧めです 😉

 

まとめ

調理したり、お酒が弱かったり、

納豆が苦手でコーヒー飲めないって方は

最近はサプリなどもありますから、

ぜひこの機会に摂取してみてくださいね 😀

夏を元気に楽しくすごしましょう!

ではではまたお会いしましょう!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*