斉木楠雄第2期はいつから放送開始?映画(実写)と原作の違いを調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんばんは〜!!

お盆を過ぎたらちょっと涼しくなるかと思いきや

バリ暑いですね:cry:

ほぼ毎日ニンニク食べてるんですけど

だるい毎日でございます。。。

今日はそんな家から引きこもり状態でハマったアニメが

第2期放送決定だそうで、いろいろ調査してみました 😎

スポンサードリンク

斉木楠雄ってどんなアニメ?

斉木楠雄のΨ難

(さいきくすおのサイなん)は、

麻生周一による日本の漫画です!

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で

2012年24号より連載中となっております。

どんなお話かというと。。。↓↓

超能力者の高校生・斉木楠雄を主人公とするギャグ漫画

略称は『斉Ψ』で話数カウントは

「第○χ(-カイ)」となっている。

読切『超能力者 斉木楠雄のΨ難』が複数回掲載されたあとに、

『週刊少年ジャンプ』2012年24号より連載が開始されたそうです。

「Ψ」とは、超能力を表すギリシア文字で、

本作のサブタイトルや単行本のタイトルにも使われています

(「超能力者のΨ難」など)。

基本的に一話完結なので、

数話にわたるエピソードもあるので見やすいです 🙂

主人公の斉木が狂言回し(語り手)を兼ね、

第四の壁を破って読者にモノローグで語りかける形式を取っていて、

メタフィクションなセリフを発っします。

ちなみに、斉木が直接言葉を発する描写は省略されていますよ。

2012年9月以降3回にわたりVOMIC化され、

2013年8月には『ジャンプLIVE』でFlashアニメ化されています。

また2015年6月には実写映画化が発表されたようです。

アニメ化第一期は2016年の7月より12月まで放送されそうです。

気になる方は全巻セットありますよ!

 

こちらのアニメですが、

何も考えなくていいのでとても好きです(笑)!!!

真剣に見るのは時間的に難しいので

おそ松さんと似ていて一話完結スタイルが

途中から見ても楽しめるので、

途中で寝てしまっても大丈夫な所が気に入ってます 😉

いわゆるギャグ漫画です 😎

まったくシリアスな場面がありません(笑) 😉

キャラ紹介

主人公:斉木 楠雄(さいき くすお)

本作の主人公。16歳。
生まれ付き特異な力を持つ超能力少年。
ピンク色の髪に二つのアンテナ
(超能力の制御装置)のようなものを付けており、
眼鏡のレンズは緑色という派手な出立ちをしているが、
マインドコントロール能力で目立たなくしている。
先天的に授かった数々の超能力と、
生後間もない赤子の状態でもプロレスラーを
ぶちのめせるくらいの人類を超越した身体能力を持って生まれた。
その驚異的なポテンシャル故に努力をせずとも
なんでも完璧にこなせてしまい、
誰かと協力して何かを成し遂げるという
経験もなければ全力を出して何かをすることもできず、
達成感や感動といった感情を味わったことがないため
「生まれつき全てを奪われた人間」を自称する。
更に自分が望まなくても他人の心の声が
テレパシーで無差別かつ自動的に聞こえてしまうという
体質であるため、高校生とは思えないほど非常にクールでドライな性格。
基本的に辛辣な毒舌家であり、
ツッコミそのものは真っ当であるのだが、
他人(というか地球上に存在する全ての生物)
を下に見る節がある。
そのため喜怒哀楽を表情に出すことも基本的に無い。
(大好物のコーヒーゼリーを食べて御満悦の時は
表情がほんわかと緩む、何らかの理由で怒って
相手を威圧するなど、全く無いわけではない)
また全編を通してモノローグ調で語るためか、
劇中で言葉を発した事は一度も無いが、
コマとコマの間でたまに喋ってはいるようではある。

こんな感じの彼なので、

基本的に物語は斉木楠雄の頭の中の声で進んでいきます 😆

とっても不思議なんですけど、ハマりますよ 😉

私もその一人。。。

なので第2期も楽しみです 😉

では第2期はいつから放送なのか見ていきましょう!!!

第2期いつ放送?

2018年初頭から

放送開始するそうです!!!

結構人気あったみたいですね〜 😆

さてさて第一期を越えれるか。。。

実写との違いはそんなにないみたいですね!

ただやっぱりアニメの方が面白いと思いますよん 😉

 

まとめ

最近暑すぎて

予定がない時は

家にこもってNetflixでアニメ三昧 😀

ビール飲んだり焼酎のんだり

夏休みは完全にダメ人間です(笑)

週明けから仕事できるかな。。。

ではではみなさんまたお会いしましょう  🙂

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*