ダイソンのEV車はいつ発売?電気自動車のメリット・デメリットを調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

どうも〜!!!YUKIです 🙂  🙂

今孤独のグルメをシーズン1から見直してます 😀

お腹がずっと減っちゃいます 😆

ダイエッターにとってはだめな番組だ(笑)

今日は吸引力の落ちない掃除機で有名な

ダイソンが電気自動車を開発しているとの事で調査してみました 😉

スポンサードリンク

ダイソンとは?

ダイソン

(Dyson Limited) 

イギリスに本拠を構える電気機器メーカーである。

サイクロン式掃除機を初めて

開発・製造した会社として知られる。

イギリス・ウィルトシャーのコッツウォルズにある

小都市マルムズベリー (Malmesbury) で創業し、

本社・研究所などをマルムズベリーに置く。

創業者のジェームズ・ダイソンは、

従来型の紙パック式掃除機が、

紙パックが満杯になっていなくても

吸引力が落ちてきて交換しなければならないことに気が付き、

フィルターを定期的に交換するか、

水洗浄すれば紙パックが不要な方式として、

デュアルサイクロン方式を発想、開発した。

今掃除機の代名詞としてうたわれているダイソンさん。

私も今使ってる掃除機が壊れたら

ダイソンの掃除機に変える予定です!

掃除機にとって吸引力はすごく大事!!!!と思うんです 😎

掃除機以外に何があるの?

ダイソンヒーター

ホットアンドクール

ダイソン

ドライヤー

最近いろいろと

生活家電を出しているダイソンさん。

全体的に評価はまずまずのようです。

掃除機のように

パフォーマンスが落ちにくい作りになってるみたいなので

せっかく買うならずっと使えるものがいいですよね 😎

私的にはドライヤーはパナさん一択ですが。。。。

このモデルが見た目的に一番良かったな。。。

私持ってるやつ、コレ 😉

本当にドライヤーしても髪が傷みにくくて

結構人に勧めましたもん。

旅行にも持って行きたいくらい!

持ち運び便利さずがあったらいいのになぁ 🙂

どんなEV車を開発してる?

今回はそんなダイソンさんが車を開発しているそうです 😉

ダイソンのEVに関する情報は、まだ詳しく明らかにはされていないそうです。

ダイソンは

「自動車業界の技術競争は激しく、

できる限り詳細を機密にしたいと考えている」と、

社員に向けたメールで述べているそうで、

しかも、クルマを扱ったことのある

エンジニアたちを集めたチームを編成し、

そのメンバーはすでに400名強に達しているそうです。

しかも、さらにエンジニアの採用を進めているそうですよ!!

本気ですね、ダイソン。

自動車ビジネスは新参者に対して残酷なことで有名だそうで、

世界で最も裕福な会社であるあのアップルでさえ、

実際にクルマをつくることがいかに難しいかを理解し、

最近になってクルマに関する計画を縮小することになったそうですよ! 😮

しかしダイソンさんは、

「ダイソンは、同社の掃除機がもつ

高級なイメージや設計の経験を活かせるでしょう」

とし全然諦めることはせず、

開発に勤しんでいるよう。

その理由が、

車の開発に関して重要な

中核技術をもっていることが諦めない要因みたいです。

さらに電気モーターに関しても

たくさんの技術を持ってることもその諦めない理由の一つ。

「かなり規模が大きいので、

モーターの設計と製造に関するより

効率的で革新的な手法を発見できれば、

経済規模と省エネルギーの量は

膨大なものになるでしょう」。

コロンビア大学でビジネスと

エンジニアリングを専門とする

R.A.ファロクニア教授はそう語る。

彼は、ダイソンなど革新的な企業が、

ほかのEVメーカーに部品を供給する

新世代のメーカーになりうると考えている。

販売時期はまだ公表されていないようです。

電気自動車のメリットとすれば

排気ガスが出ないから、二酸化炭素が発生しないから環境に優しい

しかもガソリン代がかからないので財布にも優しいというのが

最大のメリットでしょう。

でも家で充電器を用意して充電しないといけないので

少しめんどくさいですよね 😡

電気代も少し高くなるかもですが

近年のガソリン代の高騰からしたら

大したことないでしょう!

まとめ

今回は

ダイソンのEV車に関して調査してみましたが

いかがでしたか?

私もずっと自分の車を買うことが夢なのですが

ダイソンさんみたいなオシャレで

エコな車が発売されたら

実際に買いたくなるかもしれません 😆

ではではまた面白い新情報発見したらシェアしますね 😉

またお会いしましょう!!!!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*