庵原美穂のサーフィンの実力は?wikiプロフや彼氏、ギアを調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんばんは〜 🙂 YUKIです 🙂  🙂

今日は週末やけど家に引きこもろうと

Netflixで深夜食堂を見ていたら

お家で深夜食堂する為にコンビニ行ったり

スーパー行ったりしちゃってます(笑)

今日はサーフィンの東京五輪指定強化選手に選ばれた

庵原美穂さんに関して調査してみました!!!

スポンサードリンク

まずはプロフィールを見ていきましょう!

プロフィール

庵原美穂

(いはらみほ)

生年月日:1981年11月20日

身長:160センチ

出身地:東京生まれ関西育ち鴨川在住

職業:看護婦

ホーム:鴨川マルキポイント

出身校:東邦大学医療短期大学看護学科卒

所属:GLASSEA SURFSHOP

女子のプロサーファーと言って名前が上がるのは

ノロ・レイカやオオムラ・ナオといった

ちょっとカワイイ女子であって、

彼女たちには世界的なスポンサーも付いています。

しかし、期待されているのはサーフィンよりも

モデル的な役割でしかありません。

それに対して、3年連続グラチャンという実力の持ち主である

庵原プロには地元の小さなスポンサーしか付いていません。

つまり、スポンサーにとって

サーフィンが上手いだけでは美味しくないのです。

庵原プロがサーフィンを始めたのは

大人になってからだといいます。

彼女が看護師とプロサーファーの

2枚のワラジを履いていることは知る人のみ知る事実。

千葉県鴨川の亀田病院は

マリンスポーツのプロ選手と

労働契約するという特殊な存在でして、

この病院に勤務したことから

彼女のサーフィン人生が始まったのです。

それから10年後、彼女は

JPSAのグランドチャンピオンになりました。

そんなことってあるのか?と思ってしまうほど

これは感動的な話ではありませんか。

今の時代、プロサーファーになるには子供のころから

サーフィンやってるのが普通です。

そして、10代のうちから

輝かしい戦績を残しているのが普通です。

それがプロの年間チャンピオンになる人であれば尚更なはずです。

大手スポンサーの付いている女子プロは

世界の海で合宿したり多くの試合に出ていますが、

そのことについて「焦りを感じる」と

庵原プロはサーフィンライフ誌のインタビューで語っています。

しかし、先日南米チリで開催された

WQS4スターではやはり庵原プロだけが賞金を手にしました。

大手スポンサーが付いていて

ハワイやオーストラリアで今年の冬を過ごした選手よりも

圧倒的に良い成績だったのです。

なんだかめちゃくちゃうまいみたいですね、

彼女。。。

すごい人見つけてしまったかもしれません。。。。

可愛いだけが女子サーファーな昨今珍しい存在ですね。

五輪とかになったら

実力が伴わないといけないので貴重な存在ですね!

ギアに関して

彼女が使ってるのは

スポンサーである

リップカールのものが多いようですね 😉

メジャーなブランドがスポンサーにつくのも

時間の問題でしょうか 😀

彼氏さんに関しては全然出てきませんでした。。

仕事とサーフィンとでそんな暇ないのかもしれませんね 😥  😥

年齢的にも結婚考える時期ですけどどうなんでしょうか?

まとめ

今回は女子のプロサーファーのなかでも

かなり注目な選手

庵原美穂さんに関して調査してみましたが

いかがでしたか?

私も年齢的には遅いかもしれませんが

サーフィンに興味が出てきて困ってるところなんです。

結構お金がかかるスポーツなんだよなぁ。。。

ゆっくり考えてみようかな!

ではではまたお会いしましょう!!!!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*