バーチャル奥さんはどこで買える?発売日や販売店舗、口コミを調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

どうも〜!!!YUKIです 🙂

絶賛風邪っぴきですが

大分に癒されに行きましたところ、

台風さまと現地でご対面〜(笑)

特に何も出来ず帰ってきました。。。 😯

観光はまたの機会… 😕

今回はバーチャルな2次元な奥さんが

販売されるとの事なので調査してみましょ!

スポンサードリンク

どんなロボット?

『本当に嫁が作りたい』

という想いからただ単純にお掃除や

買い物など事務的にこなすロボットではなく、

『お嫁さん』がいるような体験ができるものが誕生!!

キャラクターの名前は

「逢妻ヒカリ」(あいづまひかり)という

ウィンクル社オリジナルキャラクターで、

ラブプラスやときめきメモリアルのキャラデザインを担当した

箕星太朗氏が手がけている。

本体サイズ

重量5kg

幅220mm

奥行360mm

高さ520mm

プロジェクション箇所1280×720画素相当

本体後部から筐体内のパネルに投影することで

浮き上がったような視覚体験を実現。

明るい場所でもはっきりと視認できるように、

筐体でうまくパネル箇所を囲ってあるそうです。

カメラとマイク

キャラクターと会話する際に使うタッチボタンを装備。

各種人感センサーなどと組み合わせて主人を認識し、

キャラクターが実際に追随するようになっている。

また、スマートフォンアプリ

(対応OSはAndroidおよびiOS)と連動し、

キャラクターとオンラインでの

コミュニケーションを楽しむこともできる。

通信はWifiもしくは有線LANでの接続となる。

とっても夢があります!!!

では動画で見てみましょう!!!!

HDMI 経由で自分の PC から

オリジナルの映像を投影できるようになっている。

そこに自分が作ったオリジナルのキャラクターを

投影したいというリクエストがあるそうなので

今後、対応していきたいと回答されているそうです!

なんと夢のような機械でしょう 😉

これで全然寂しくないですね 😀  😀

でもでも少子化の悪化が気になりますね 😥

これじゃあもう我慢できないって感じでしょうか??

販売店舗は?

開発元のウィンクル社は

12月14日より同社サイトにて販売を開始。

購入者には2017年12月の発送予定です。

価格は29万8000円で配送対象は日本と米国。

調査した結果、

販売期間は2017年1月31日までで、

初回の販売個数は300台程度となっているそうです。

もう買えないみたいですね… 😡

とりあえず初回販売ですから、

次回また出た時はダッシュで購入ですね!!

ちなみに店舗はありません 🙄

これ見たら欲しくなる人

もっと増えるんじゃあ… 😉

まとめ

以上バーチャルな奥様に関して調査してみましたが

いかがでしたか?

可愛いけん、私も欲しい(笑)

旦那じゃなくて

奥さんの方!!!!

ではではまた次回お会いしましょうね〜 😀

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*