長谷川維雄の経歴や地蔵コーンの売り上げを調査!気になる年収は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんばんは〜!!

YUKIです 🙂

今日はダッシュで日用品を買い出しに行ってきました 🙂

一回ドバッと買い物したら全然行かないので

月一の買い出しは大変です。。。

結構一人で淡々と買って行くかな。

話は本題に戻りますが、

今回は今話題の地蔵コーンの作者、長谷川維雄さんに関して調査してみました!

スポンサードリンク

地蔵コーンとは?

上の写真のように

カラーコーンにお地蔵さんを象ったものです!!!

ちょっと…

怖いね!!!

「お供えはいりません!!!」

って

そんな軽々しく置けないわ〜!!!! 😥

でもでも、、、

お寺さんとかの駐車場とかいいかもしれませんね 😀

基本製造カラーは赤で、

オプションで

ブルー、グリーン、イエローが作成できるそうです 🙂

あと小さいサイズのもあるらしいですよ 😀

ではこちらを作ってる

作者さんに関してみていきましょう 😆

作者は?

長谷川維雄

(はせがわふさお)

生年月日:1988年8月8日

所属:エクストラヴァージンピーマンエア社代表

若干29歳で

こんな完成された作品を作るなんで凄い!!!!

てかめっちゃいい人そう…。。。

1988年8月8日という

末広がりな日に生まれたアーティスト。

表現手段は限定しないが、

民話などのモチーフをいまの話題に絡める作風が多い。

地蔵型のカラーコーンを量産して各地の街に設置したり、

東京スカイツリーに扮した衣装で台東・墨田区を巡りながら

6分34秒間の逆立ちを繰り返すパフォーマンスなど、

美術界に絡まなそうな界隈と積極的に絡みたいという願望がある。

2014年の個展では、

古事記の国生みをモチーフに一円玉を

表面張力で水面に浮かべ日本列島を作る

「夏の神話 POOL JAPAN」や、

「《日本産鶏肉》と《中国産豚肉》と

《アメリカ産牛肉》がハンバーグに丁度いい

ひき肉になるまで包丁付きカタカタ車にのせて散歩する」

などのパフォーマンス作品を発表。

2015年からは、金太郎飴の技法を利用した

大型の絵画シリーズなど、

イメージの増殖・反復・変容について関心を持っている。

また、

ピーマン内の純粋な空気を水上置換法で瓶詰めにした

「エクストラ・ヴァージン・ピーマンエア」

という商品で起業しようと奮闘している。

なんだかめっちゃ変わってますね!!!(笑)

直接話したらめっちゃ面白そ〜!!!

売り上げや年収は?

地蔵コーン、一個あたりの販売価格は8,000円で

5000円が純利益?みたいなのですが

まだそんなに売れていないようなので、

これから他のアート作品でヒットしたらいいですよね!!!

年収としては

美術家さんという職業はまちまちですからね…。。。

みんなが買ったげたらお金持ちになれます!!!!(笑)

まとめ

今回は地蔵コーンを作っている美術家さんに関して

調査してみましたが、

いかがでしたか?

次回もまた面白ネタを見つけたらシェアしますね 😎

ではではまた次回お会いしましょうね 😀

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*