ノーマルタイヤは雪道では法律違反?凍結していなくても罰金や点数が引かれる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちはきもやんです!

 

ここ数日は
大雪に見舞われている地域が
多いですね…

 

スポンサードリンク

ぼくの住んでいる九州は
今のところ全く降っていませんが、
関東付近は数年ぶりの積もり方と
なっているようです。

 

こんなときに車での移動をする方に
知っておいていただきたいのが
「積雪時、運転する際のタイヤ」
についてです。

 

状況によっては
ノーマルタイヤでの運転が
道路交通法違反になるって知ってましたか?

 

 

詳しく調べてみました!

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの違いは?

ノーマルタイヤとはそのままの意味で、
運転時に装着しているあのタイヤですね。

 

対してスタッドレスタイヤとは
スタッド(滑り止め用の鋲)がレス(無い)タイヤのこと。

 

以前の日本では雪道の運転では
スパイクタイヤが使われていましたが、
粉塵を起こすことから
健康被害に影響を与え始めたんです。

 

そのためそのスパイクタイヤに代わって
普及したのがスタッドレスタイヤということですね!

 

 

ノーマルタイヤでの運転が違反になるってほんと?

 

結論から言うと違反になります!

 

意外な盲点!!

 

と言っても、
これは道路交通法第71条
に定められていて都道府県によって
規制の厳しさが違うのがポイント!

 

例えば北海道の場合は

 

 積雪し、又は凍結している道路において、自動車若しくは原動機付自転車を運転するときは、スノータイヤを全車輪に装着し、又はタイヤ・チェーンを取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。

北海道道路交通法施行細則 第12条第2号より引用

 

雪が積もる もしくは 凍結した時点で
ノーマルタイヤでの運転は
アウトということになります。

 

雪の多い北海道なら当然といえますね。

 

続いて新潟県の場合

 

積雪又は凍結のため、すべるおそれのある道路において自動車又は原動機付自転車を運転するときは、次のいずれかに該当するすべり止めの措置を講ずること

イ:駆動輪(他の車両をけん引するものにあつては、被けん引車の最後軸輪を含む。)の全タイヤに鎖等を取り付けること」、「ロ:全車輪に、すべり止めの性能を有する雪路用タイヤを取り付けること」

第12条1号より引用。

北海道と文章は異なりますが、
伝えてることはほとんど一緒です。

 

滑りそうならスノータイヤに切り替えてね!
ということです。

 

今度は一気に南下して九州の福岡県!

 

積雪又は凍結をしている道路において、自動車又は原動機付自転車を運転するときは、滑り止めに必要な措置を講ずること。

福岡県道路交通法施行細則 第14条第6号より引用。

 

一気にゆるくなりました 笑

 

滑り止めに必要な措置ですから、
タイヤを変えろとまでは言ってないんです。

 

いわゆる滑り止めスプレーでも
OKということでしょうか。

 

違反時の罰金や点数は?

 

重要な罰金や点数について!

 

まず点数ですが、
ノーマルタイヤで運転して違反とみなされた場合でも
点数を引かれることはありません。

 

安心しました…!

 

そして罰金に関しては

大型車:7000円
普通車:6000円
自転車:6000円
原付バイク:5000円

となっています。

 

そこまで大きな金額ではありません!

 

これも安心しました…

だからといってスリップして
事故を起こしたりすると大変なので、
慎重に…!

 

まとめ

自分の住んでいる地域によって
規制の厳しさが変わってきますので、
まずはご確認を!

 

特に東北~関東に関しては
厳しいエリアもありますので、
是非把握しておきましょう♪

 

それではまた~!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*