メルチャリ福岡の料金や価格を調査!レンタル方法や使い方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

2018年2月からすっばらしいサービスが始まりますね~!

 

その名もメルチャリ!!!

 

ニュースなんかで結構取り上げられてるので、
もうご存知の方も多いはず!

 

今回はこのメルチャリについて調べてみました!

 

スポンサードリンク

メルチャリとは?

 

 

一言で説明するなら
「シェアリングサイクルサービス」

レンタカーの自転車バージョンと思ってもらえると
わかりやすいですねえ。

 

名前からお分かりとは思いますが、
フリマアプリ「メルカリ」が立ち上げたサービスで、
メルカリのIDを使って利用できるようになっています。

 

自転車のデザインもメルカリのイメージカラーである
レッドを採用!

 

 

どうやってつかう?

 

スマホアプリから自転車と駐輪場の位置を確認でき、
QRコードを読み込むと利用が出来ます。

 

借りた駐輪ポートと違うポートでも
返却できるようになっているので、
家の近くの駐車ポートで借りて、
目的地近くのポートに返却!
なんてのも可能なんです。

 

行きは晴れてたけど、帰りは土砂降り…
なんて場合なんかすごくたすかりますよねえ!

 

で、駐輪ポートは、
ファミマやアパホテルなどの企業13社と提携し用意するようで、
個人や個人事業が持っているスペースを
「メルチャリポート(一般ポート)」
として活用することも可能!

 

その募集も始めたようです。

 

なにやらビジネスの予感がしますねえ…ビビビ

 

 

料金は?

 

利用料金は1分当たり4円で、
クレジットカードやコンビニ、
ATM払いに順次対応していくとのことです。

 

自転車に乗って移動となると、
長くて20分くらいですよね?

 

それなら4×20で80円!!!!!!

 

思いのほか激安!!!!!!

 

一時間乗ったとしても

4×60で240円!!!!!

 

もうバスいらなくなりそう…笑

 

なぜ福岡からスタートなのか?

 

で、なんで福岡から始めるのか?ってとこですが
色々理由があるみたいですね

 

◆メルカリのカスタマーサポートの拠点があるため、
改善や対応がスピーディーにできる

◆自転車移動に適したフラットな地形である

◆中心街の間の回遊性を高めることができる

◆既存の公共機関が発達していて利便性が高い地域の
「ラスト1マイル」の手段としての活用が期待できる

 

メルカリのカスタマーセンターって
福岡にあったんですね…笑

 

地形がフラットなのは確かに納得。

 

坂の多い地域でスタートして、
メルチャリサービスの勢いがイマイチだったら
悲しいですもんね…

 

 

そのほかにもサービスが!

 

メルチャリは自転車レンタルだけでなく、
細かいサービスがあるんです。

 

メルチャリユーザーは、

◆ポートスペースの提供
◆放置自転車のポート再配置
◆自転車の故障報告

 

などをすることで、
アプリ内でポイント「マイル」を
獲得できるようになってます。

 

マイルをためると、
フリマアプリ「メルカリ」の方で使える
「メルカリポイント」や
メルチャリのオリジナルグッズと
交換できるシステムです。

 

メリットを用意することで、
ユーザーがメルチャリのサービス運営に
自然と協力してもらえるようになるんですね~!
すごい!!

 

 

感想は?

 

2月スタートのサービスということで、
まだ感想は集まっていないようでした…

 

すごく魅力的なサービスではあるんですが、
使い始めてから感じるデメリットみたいなのも出てくるかもしれませんね…

 

順次追記していきますのでチェックしてみてください!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*